手の熱で切れる=「スプレッドザット バターナイフ」20151019-1

「”熱”で便利!」
2015年10月19日(月)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

合原(ごうばる)アナウンサーにとって”熱利用”といえば、「携帯カイロ」だそうです。
「冬になれば、5,6枚 体にペタペタ貼っています」とのこと。

“熱”を使って便利になるアイデアが紹介されていました。

 
●手の熱がすぐ伝わるバターナイフ=「スプレッドザット バターナイフ」

【楽天】

【アマゾン】

朝食はいつもトーストだという主婦のTさん。
焼きたてのトーストにバターを塗りたいんですが、、、
「バターを冷蔵庫から取り出して、すぐ使おうとすると、硬くてなかなか取れなくて困っていました。」

切るのも大変。塗るのも大変。無理すると陥没したりします。

そこで使うようになった、特別なバターナイフがあります。
スーッとバターに刃が入っていきます。

秘密はナイフの素材にあります。
銅合金チタンという素材でできています。
熱が伝わりやすい素材です。

いろんな機械の中に使われているIC チップの熱を吸収するときに使う素材です。
手に持って普通のナイフと比べてみました。

赤外線カメラで撮ると、普通のナイフは、手に持っていても温度が変わりません。
熱が伝わりやすいナイフは、どんどんナイフの温度が上がっていくことがわかります。

氷に当ててみても、入り込んでいって熱が伝わていることがわかります。

Tさん、切り分けたバッターもトーストに塗りやすいので気に入っているそうです。

「包丁で何かを切るような感覚で、スーッとナイフが入って取れるので、非常に役に立ってます。
少量を取るときにも、自分が取りたい量が取れるので便利です。」


素材の違いだけで、熱を生かして便利になるというのはいいですね。

その効果を確かめるために、氷やアイスクリームを切ってみる人が多いようですね。
シンプルなデザインもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください