折って使う“紙”の皿=「Frostray」20140925-2

NHKおはよう日本、2014/09/25のまちかど情報室のテーマは、
「紙を使ってひと工夫」

 
●折って使う“紙”の皿=「Frostray」
・問い合わせ先:福永紙工株式会社
 Tel:042-526-9215
 福永紙工ネットショップ「かみぐ」>「Frostray」のページ

Oさんのティータイム。
おいしそうなお菓子が用意されています。
ポップな感じのお皿にのっています。

そのお皿の素材は、ポリエステルを原料として、作られた合成紙でした。
この素材は洋服のタグとかカレンダーなどにも使われているそうです。

折っていくだけでお皿になりました。

鉛筆で字が書けます。

お皿として使ったときは洗えば繰り返し使えます。

「紙皿だと安っぽい感じが出てしまいますけど、これだとオシャレだし、紙の良さを残しつつ、使いやすくなっていると思います。」


上記のページによると6枚入り、税込み972円とのこと。

透明感もあり、面白い素材ですね。
手で折り曲げられるということで、折の角度も多少なら調節できそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください