折りたためるステンレスのザル=「アルマジロコランダー」20160219-1

「変化していいね!」
2016年2月19日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

和久田さんは、阿部アナウンサーが髪を切ったこと、変化に気づかなかったそうです。
変化に気づけるようになりたいということでした。

形が変わって使い方が広がるアイデアが紹介されていました。

●折りたためるステンレスのザル=「アルマジロコランダー」

金属と樹脂が組み合わさったものが登場。
一見何に使うのかわかりません。

両端が輪になっていて、間に小さな穴があります。

これから朝食というTさんのお宅で使われていました。

シャキっという音を立てながら、ザルになりました。
真ん中のつまみを左右に軽く引っ張るだけで、6枚のステンレスの板が広がってザルに変化します。

【アマゾン】3月31日発売予定。現在予約受付中。

輪の部分は持ち手になるので、ブロッコリーを洗ったり、水切りも楽です。
そのまま鍋のお湯に入れて茹でることもできます。

コンパクトにしまえるこのざる、持ち運びにも便利なのでアウトドアで使う人もいるそうです。

「あ、ぱって開く。ちょっとびっくりしました。食卓にそのままあげても、ザルっぽくなくてとてもおしゃれだと思います。」


ステンレスの質感にひかれました。
高級な感じがします。

かさばりやすいザルがコンパクトに。
なかなかいいなと思います。

ただ、予想以上に高かったです。
アマゾンの説明書きによると、「素材のステンレス鋼板は、高品質で元の形を維持出来る特殊な変異タイプのばね鋼です。」とのこと。

デザインもよく、収納性が高いので、その価格も仕方がないかなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください