押しても引いても使える千切り器=「プログレード ミニ千切り器」20150622-2

NHKおはよう日本、2015/06/22(月)のまちかど情報室のテーマは、
「料理 きれいに手際よく」

 
●押しても引いても使える千切り器=「プログレード ミニ千切り器」

【楽天】

【アマゾン】

すやすや眠っている生後3ヶ月の赤ちゃん。
3歳のお兄ちゃんと、2人の子育て中のOさん。

育児をしながら食事の準備、なるべく手際良くしたいと考えています。

「寝てる間にというのは重要ですね。じっくり時間はかけられないですよね。」
そこで使うようになったのが、ちょっと変わった千切り器。
形は一般的なものと変わりませんが、押すときも引くときも削ることができます。
両方向から出てきます。

一般的な千切り器は、片側だけ刃になっていますが、この千切り器は手際よく千切りができるように、両側を刃にしました。

「隙間に入らないので、洗いやすいですね。すぐ落とせるので、楽ですね。」


両方向に使える千切り器はいくつか販売されています。

紹介されていたのは、新潟県三条市の下村工業が作っているもの。
紹介されていたものよりも大きいサイズのものもあります。
下村工業 プログレード スピード細千切り器 PGS-02
 ↑
この商品紹介ページのレビューが参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください