持ち手とコースターが一体化したカップ=「Floating Mug」20140206-1

「食卓ウキウキ!」
2014年2月6日(木)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

台所用品は、見ていてるだけでも楽しいですね。
浮かせたり、浮きだしたりすることで
食卓が楽しく便利になるキッチングッズのアイデアが
紹介されていました。

 
●持ち手とコースターが一体化したカップ=「Floating Mug」
・問い合わせ先:株式会社時田インベストメンツ
 FAX:098-958-5719
「Floating Mug 8oz」製品ページ

Aさん夫妻のコーヒータイム。
2人仲良く過ごしています。

おいしいコーヒーを飲もうと、カップにコーヒーを注ぎました。
横から見ると、カップが浮き上がっています。

まわしてみると、下のコースターは、持ち手に繋がっていました。

普通のマグカップの場合、垂れてきてテーブルに跡がつくこともあります。
このカップは、垂れてきたコーヒーを受け止めてくれます。
(垂れた量が多い時には、ティッシュなどで拭き取ります。)

持ち手の強度について実験をしていました。
カップの上にかぼちゃを乗せていました。
妙な絵です。

鹿島アナウンサー「4キロまでのかぼちゃなら載せられます。」

「取っ手の部分が太くできているので
持ちやすいですし、飲みやすかったですね。
テーブルも汚れず、とても便利だと思います。」


鈴木アナウンサーは
「何がいいのかわからない。」とつぶやきました。
確かに、実用性だけのアイディアではないですね。

実際に、やや荒いにくいという欠点もありました。
それでも、話の種になることは間違いなく、
楽しめるデザインだと思います。

アメリカのデザイナーが新婚生活を送る中で、
「コーヒーで家具が汚れた」などといわれ続けていたとき、
たまたま見たバナナハンガーが発想をくれたそうです。

おもしろいですね。


コメントを残す

このページの先頭へ