携帯ボトルの茶渋を洗浄するセット=「マイボトル洗浄器」20151203-1

「すっきり!します」
2015年12月3日(木)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

師走となりました。
和久田さんは、年末までに使い切らなければならないヨガのレッスンチケットがけっこうあるそうです。
早くいかなければと、そわそわしてすっきりしていないそうです。

汚れや疲れなどをすっきりさせるアイデアが紹介されていました。

●携帯ボトルの茶渋を洗浄するセット=「THERMOS マイボトル洗浄器」

【楽天】

【アマゾン】

天気の良い日は公園などによく出かけるというAさん親子。
出かけるときはいつも、麦茶など携帯ボトルに入れて持って行きます。

帰ってきてからボトルをあらうとき、お母さんが気になっていたことがあります。
内側の茶渋汚れです。

「毎日、毎回洗っているつもりでも、茶渋がどんどんたまるのでとても困っていました。」

汚れをちょっと変わったアイディアですっきりさせます。
専用の洗浄セットを使います。

まず、顆粒の酸素系漂白剤をボトルに入れてから、水でよく溶かします。
本体の穴に金属の棒を通します。
ボトルの口にセットし、スイッチを入れます。

本体には単4電池が3本入っていて、わずかな電流を流すことで、差し込んだ棒がプラス極、ボトル容器をマイナス極にします。

そうすると上記に電流が流れて、汚れとボトルの間に核反応が起きます。
漂白剤が汚れに吸着し、剥がしてくれるという仕組みです。

戦場が終わった後の水は、茶色でカスも沢山浮いています。
わずか3分で、内側がピカピカになりました。

「こんなに落ちるんだと、思いました。
新品同様になってすっきりします。
衛生的でいいかなと思います。」


ボトルの口の大きさが7cm 以下、容量が800ミリリットル以下のものに使えます。

口や容器の内側が金属であるものに使えるということです。
流す電流はわずかですので、触ってもピリッとくることはありません。

電気の力でしつこい汚れを落とすというアイディア。
本当に、すっきりしそうです。

我が家にも、茶渋がついたボトルが複数あります。
新品同様の内側に憧れます。
使ってみたいと思いました。

内側がフッ素コーティングされているもの、口の部分が金属でないものなどには使えないようです。
単4電池は付属しないとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください