煙を吸い込む魚焼きグリル=「スモークリーン」20130911-2

2013/09/11のまちかど情報室のテーマは、
「さんま おいしく食べよう」

 
●煙を吸い込む魚焼きグリル=「スモークリーン」
・問い合わせ先:株式会社シナジートレーディング
 Tel:06-6233-3066

【楽天】

【アマゾン】
スーパー吸煙グリル 「スモークリーン」 DNW-101D

さんまを焼くといえば、煙がつきもの。
さんまが大好きなGさんご夫妻。

さんまを買ってきたときには、食卓に電気グリルをセット。
普通に焼いていけば、当然煙が出ます。
が、ファンのスイッチを入れると、
どんどんと煙が消えていきました。

煙は、サイドにあいた穴からどんどん吸い込まれ、
本体の中に張られた水で冷やされ、油として、たまっていきます。
煙の成分は油だということがわかります。

「今年の初さんま、いい感じに焼けたね。」
「おいしい。」
「目の前で焼ける醍醐味がありますね。」
「煙はほとんど気になりませんでしたし、翌朝起きてきても
においがしなかったので、助かります。」


ホットプレートのような感覚で、手軽に食卓で使えそうです。
さんまはもちろん、焼肉にももっていこいでしょうね。
油をためてくれるのも、助かります。


コメントを残す

このページの先頭へ