目玉焼きの型=「FUNNY SIDE UP(ファニーサイドアップ)」20160210-3

まちかど情報室「型を使ってかわいく!」
2016/02/10(水)の放送でした。

●目玉焼きの型=「FUNNY SIDE UP(ファニーサイドアップ)」

鉄板焼きパーティーを楽しむTさんとYさん親子。
パーティーを盛り上げるために使う型があります。

素材は熱に強いシリコーン。
目玉焼きを作ります。

【楽天】

———————-
アメリカ英語では片面だけ焼く、いわゆる目玉焼きを「サニーサイドアップ」と表現することがあるそうですね。

それをもじって、「ファニーサイドアップ」
———————-
【アマゾン】

アマゾンでは、「エッグモールド フロッグ」(カエル)、「エッグモールド キャット」(ねこ)など、一つ一つ別々のページで販売されていました。
ドクロは「スカル」です。

箱の写真には「FUNNY SIDE UP」と書かれています。
———————————————-

丸い部分に卵を落とすと、型の隙間から白身だけが通って広がっていきます。

もう一つの穴にも卵を入れてしっかりと焼きます。
焼き上がったらゆっくりと型を外せば、笑顔のカエルの完成です。

ネコの目玉焼きには、耳の部分などにベーコンを添えてひと工夫します。

他にもドクロの目玉焼きもあります。

子供たちも喜んでいます。

「型に入れるだけですごくかわいく仕上がって、パーティー感覚で楽しめてとてもよかったです。」

和久田 「これは子供が嬉しいですよね。ホットケーキとかにも使えそうですね。」


いろいろなバリエーションがあって楽しいですね。
黄身が大きな目になるところがユーモラスです。
1回に卵2個では多すぎるという人もいるかもしれませんね。
分けて食べることも考えた方がいいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください