真空二重構造のスープカップ=「カルドン 真空スープボウル」20161109-1

「温かい 朝食を」
2016年11月9日(水)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

忙しい朝でも手軽に温かい朝食が食べられるアイデアが紹介されていました。

●真空二重構造のスープカップ=「カルドン 真空スープボウル」

スープの温かさを長持ちさせるアイディアが紹介されていました。
Mさんは、出勤前の忙しい朝、レンジで温めるスープをよく食べるそうです。

寒い朝さほど、スープはすぐに冷めてしまいます。

そこで使い始めた器があります。

実はこの器、ステンレス製の二重構造になっています。
中が真空のため、高い断熱効果があります。

特殊なカメラで撮影。温度がわかります。

5分後、真空カップのほうは高い温度を維持していますが、陶器の方は温度は下がってきました。

二重構造のこのカップは、5分以上あたたかさを保つことができました。

カップの外側は断熱効果により、熱が伝わりにくくなっています。
熱いスープを入れても気にせず手で持つことができます。

「忙しい朝でも体を温めて、おいしいスープを最後まで飲むことができるので、気に入っています。
1インチのスタートがよく切れるという感じです。」


ステンレス製ですが、食器としての違和感がない外見ですね。
冷めないスープボウルは、寒い時期、ありがたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください