穴が効果的なポップコーンメーカー=「ポップコーンポッパー」20150915-1

「ヒミツは”穴”」
2015年9月15日(火)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

穴を活用すると、いいことがあるアイデアが紹介されていました。
穴と聞いて和久田さんは、障子に穴をあけてしまったことを思い出したそうです。

まちかどの内容は、生活を便利にしてくれるいい穴でした。

 
●穴が効果的なポップコーンメーカー=「ポップコーンポッパー」

【楽天】

Sさん親子はポップコーンが大好きです。
自宅で作って食べています。
定番の塩バターに、ココア味やマシュマロ味など手づくりしました。

使ったのは、穴の開いた蓋がついたポット。
ポップコーンを簡単につくれます。

容器の中に専用のトウモロコシを入れます。
蓋をしてその上にバターを載せたら電子レンジでおよそ3分。

バターが溶けて落ちていきます。
蓋の穴が余分な蒸気を逃がしてくれます。
ハジけながらパターが満遍なく絡みます。

塩やココア、溶かしたマシュマロなどお好みの味を絡めたら完成です。

「気を使わない点がとても便利だし、アレンジができるのがすごく楽しいなと思います。」


子供のころは、ポップコーンは買って食べるものというイメージを持っていました。
自宅でフリフリすれば作れるという、アルミの鍋にコーンが入った製品を見て、衝撃を覚えました。

電子レンジを使えばさらに簡単にできますね。
イベントなどで、活用できるなと思いました。

このポップコーンポッパーは2つの形があって、紹介されていたのは、背の低い方ですね。

アマゾンでは、現状、背の高い方だけしか扱いがありませんでした。
こちらは、レビューによると、小さな電子レンジには入らないこともあるようです。
【アマゾン】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください