簡単に握りずしが作れる=「とびだせ! おすし」20150129-1

「手早く料理できます」
2015年1月29日(木)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

テーマを見て鈴木さんは、「お誕生日会にもいいかもしれませんね。」
つづけて、
「今日は私たち、誕生日なんです。おなじ誕生日なんです。」
コーナーを担当する小山アナウンサーと、鈴木アナウンサーがおなじ誕生日と言うのは面白いですね。
そういえば、以前も聞いたことがあるような気はします。
5才違いということでした。

 
●簡単に握りずしが作れる=「とびだせ! おすし」

【楽天】

【アマゾン】

Kさんの家族は、みんなお寿司が大好き。
作るのは子どもたち二人。

使うのは専用の器具。
小さな子供でも簡単に押しすがつくれるように工夫されています。

まず、穴の開いた片の中に、酢飯を詰めていきます。
もう一つの型で軽く押し付けます。

その上に好きなネタを載せます。
そして、、、
押し付けるのに使った方を下にして、ご飯を乗せた方を重ね、押し下げます。
完成したお寿司が、現れました。
上に抜いてあげるアイディアが新しいです。

10貫できます。

鈴木 「見た目もきれい!」

移さずに、そのまま寿司下駄になります。
お父さんも絶賛。

お母さん 「(酢飯が)手についたりして、汚れちゃうと嫌がったりしますけどね、これだったら子供たちも上手にできるのでいいなと思いました。」


作った会社は、もともとお米を詰めて寿司を作る型を作っていたところです。
もう一ひねり、なにか面白くできないかと言うことで、工夫していたそうです。

コンサートで歌手がせりあがってくることを見て、思いついたということです。

ねたは載せるだけでそれ以上いじらなくてすむ、というのがいいですね。
上に抜くというのは、画期的です。
文字通り、子どもでも作ることができると思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください