職人のような ふっくらしたしゃりがつくれます=「にぎれ~る」20140919-2

NHKおはよう日本、2014/09/19のまちかど情報室のテーマは、
「自宅でおすし楽しもう」

 
●職人のような ふっくらしたしゃりがつくれます=「にぎれ~る」
・問い合わせ先:有限会社 大阪樹脂販売
 メール:sales@osakazyushi.co.jp
 商品紹介ページ → 家庭用にぎり寿司器「にぎれ~る」

自宅でによくぎりずしを作るという、Oさんの親子。
好きなネタをそろえました。

寿司職人が握るお寿司は、絶妙でおいしいものです。
シャリの具合がいいですね。

そのにぎりずしを、自宅でも楽しみたいということで、、、
あるグッズを使い始めました。

くぼんだところに酢飯を入れ、上から蓋を乗せて軽く押します。
きれいなシャリ玉ができました。

今回のアイディアのポイントは、型の底にある突起です。

分かりやすいように、赤い酢飯で実験です。
器具を切断したようですね。横から見てみると、、、、
出っ張り部分がシャリの底に空洞を作ります。

このため、ぎゅっと締まりすぎずに、食べた時にごはんと空気がまざり合ってまるで手で握ったような食感を生み出すことができます。

「シャリがおいしいです」

「ふわっとしますね。家で手軽に握りずしができるというのは、ちょっとびっくりですね。」


家で、握りずし、、、
どんなにねたに凝っても、シャリの握り具合は、なかなか納得できないだろうな、というイメージを持っていましたが、、、

このグッズを使えば、パーフェクトとはいかないまでも、かなりいいところまで行くのかなという気がしました。

ちょっとした工夫が、大きな差になることはあるとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください