蒲焼の串を抜きやすくするトング=ケデップ「串抜きトング」20150724-1

「うなぎ 大好き!」
2015年7月24日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

7月24日は土用の丑の日。
まちかど情報室も、うなぎのおいしそうな映像からスタートしました。
うなぎにちなんだアイデアが紹介されていました。

 
●蒲焼の串を抜きやすくするトング=ケデップ「串抜きトング」

【楽天】

【アマゾン】

主婦のSさん。
ウナギのかば焼きの串が、うまく抜けなくて困っていたそうです。
身が崩れていました。

そこで使うようになったものがあります。
手のひらサイズのトング。

ポイントは先端にあるスリット。
ここに串を挟んで、すっと引けばきれいに抜けます。

広い面積でうなぎを押さえられるので、身が崩れにくいということ。
串を抜いたらそのままトングではさめば、盛り付けるときにも便利です。

出来上がったうなぎ丼。
家族みんなで美味しそうに食べていました。

「使い方が簡単で、身がきれいにはずせるところが気に入っています。
使ったあとそのまま置いても、キッチンを汚さないので便利です。」


金属加工の町、新潟県の燕三条で作られている製品です。
さすがという感じですね。

スリットは、使わないときに器の縁に引っ掛けて置くのにも使えるようです。

函館には「やきとり弁当」という名物があります。
その容器には、串を抜きやすくするための溝があります。
これはこれで、自慢の小技だと思います。

明日、あさってとGLAYのコンサートが地元で行われます。
函館を訪れる方は、ハセガワストアのやきとり弁当も試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください