重ねて二段で使えるザルとボウル=「殻入れザルバット」20160620-3

まちかど情報室は「スペース上手に使います」というテーマ。
2016/06/20(月)の放送でした。

●重ねて二段で使えるザルとボウル=「殻入れザルバット」

自宅で友達とランチタイムを楽しんでいるMさん。

子供たちが大好きなトウモロコシや枝豆も沢山用意しました。
でも、カラなどを入れるための皿を置くとかなり手狭になってしまいます。

そこで、使うようになったものがあります。

くぼみのある容器。
二つ重なっていて、上と下をずらして重ねれば、隙間ができました。

食べた後のゴミをその隙間から下の器に捨てられるので、テーブルの上を広く使えるというアイディアです。

和久田 「かなりすっきりしますね。」

【アマゾン】

ちなみに、上の器はザルになっているので、フルーツを洗って水を切ることもできます。
サクランボなんかにぴったりです。
種を下の器に捨てることが出来ます。

「子供もここに入れるのが好きみたいで、楽しんで入れてくれています。
使い終わって、しまう時も重ねてしまえるので、場所をとらなくて助かっています。」

和久田 「からもちょうど隠せそうで、きれいに見えていいですね。」


これから枝豆のおいしい季節になりますね。
枝豆を食卓に出すときに重宝すること間違いなしの器です。

重ねて置けるように、くぼみをつけたのは、とてもいいアイディアだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください