野菜スープをレンジで簡単に作れる器=「レンジカフェ たっぷり野菜のスープ」20161109-3

まちかど情報室は「温かい 朝食を」というテーマ。
2016/11/09(水)の放送でした。

●野菜スープをレンジで簡単に作れる器=「レンジカフェ たっぷり野菜のスープ」

具沢山の野菜スープを簡単に楽しめるアイディアです。

Kさんが使っているのは、内側にザルのある専用の容器。

切った野菜をざるに入れて、レンジで蒸すと野菜の重みでザルが沈み、上蓋が密着。
内部の圧力が高まり、野菜に早く熱が通るというアイディアです。

6分ほど蒸したら、熱の通りやすい具材と水を加えて、再びレンジで6分加熱。

取り出して調味料加えれば、具だくさんな野菜スープの出来上がりです。

Kさん。
簡単に具材や味付けを変えられるので、毎朝楽しんでいます。

「冷蔵庫のあまり野菜を、何でも入れてつくれますし。野菜やお豆を温かくして摂れるのは嬉しいですね。」

和久田 「火を使わないので、忙しい中、ちょっと目を離しても出来上がってるっていうのがいいですね。」


蓋が密着して内部の圧力が高まるということは、圧力なべのような役割を果たしているということなんでしょうね。

レンジで温野菜を作るというのは一般的になってきましたが、更に一歩進めたということだと思います。

レンジで使えるボウルとザルということで考えれば、いろいろと応用が出来そうな気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください