食材をすりおろせるスープカップ=「カップスルー」20140312-1

「アイデアでスープ手軽に」
2014年3月12日(水)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

温まるし、栄養面でも優れている味噌汁やスープ。
食事に欠かせないものですね。
鈴木アナウンサーも自分で作った「カブのスープ」に
感動したということでした。
新たな感覚で楽めるアイディアが紹介されていました。

 
●食材をすりおろせるスープカップ=「カップスルー」
・問い合わせ先:アーネスト株式会社
 Tel:0120-803-123

【楽天】

【アマゾン】

お気に入りのカップで、朝食のスープを楽しんでいるSさん。
この日は、生姜入りのわかめスープでした。

白い大き目のカップで作りました。
カップの底を見てみると、細かい凸凹があって、
食材がすりおろせるようになっています。

生姜をすりおろして、ワカメを入れて
スープをそそげばでき上がり。

大根をすりおろして和風だしを注げば、
「大根のみぞれスープ」

すりおろした分が全部そのままスープに混ざるから、
無駄がありません。

朝の忙しい時間でも、簡単に生の素材をいかしたスープができます。

Sさんは、スープ以外にも活用。
りんごをすりおろして、ヨーグルトとまぜると、
美味しくて栄養満点のデザートになります。

洗い物も少なくなるので、
忙しい朝でも手軽に楽しめるところが気に入っているそうです。

「もしかしたらこれもすれるかな、
といろいろ試せるので、朝ごはんにはすごく便利ですね。」


一人暮らしには特に重宝しそうです。

また、食事のタイミングがずれてしまう家庭でも
それぞれが自分の部分をすって食べるというスタイルが
いい場合もありそうです。
(我が家はそうなりつつあります。)

ヨーグルトとりんごのすりおろしはやったことがないですが、
おいしそうですね。


コメントを残す

このページの先頭へ