魚の内臓をとる棒=「ぐるぐるとって」20160324-2

NHKおはよう日本、2016/03/24(木)のまちかど情報室のテーマは、
「クルクルがいいんです」

●魚の内臓をとる棒=「ぐるぐるとって」

よく魚料理をするというIさん。
下ごしらえのときに気になるのが、、、

「自分で内蔵とると、包丁もまな板も汚れますし、臭いもつきますね。」

そこで使っているのが、二本の棒。
これを一本ずつ魚の口の中に入れていきます。

後は、棒と魚をくるくる回しながら引き抜くと、内臓がきれいに取り除けるというアイディアです。

【楽天】

棒を引き抜くと、内臓が絡みついて出てきます。
切って確認してみると、きれいに取れていました。

この棒、内側がゴムになっていて
白滝で実験したところ、滑らずに巻き取ることが出来ました。
【アマゾン】

まな板や包丁を使わずにできますので、子供たちも手伝いをしてくれるそうです。

「とれたー!!」

魚のお腹を切らないので、チーズを入れためひかりの天ぷら料理もできます。

和久田 「レパートリーも広がりそうですね。」

「きれいに取れるので、見た目もきれいな形で、食べる時も食べやすいので、とても良いと思います。」

おじいちゃんもギャグを一発!
「内臓が、ないぞー」


第60回 福島県発明展 福島県知事賞受賞商品だそうです。

手を汚さず魚の内臓を処理できるのは、うれしいです。
エラも取れるんですね。

自分でも使ってみたいですが、
これから自炊を始める娘に持たせようかなとも思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください