1リットル紙パックに取手を=「牛乳パックがもちやすいハンドル」20160520-3

まちかど情報室は「しっかり 持てます」というテーマ。
2016/05/20(金)の放送でした。

●1リットル紙パックに取手を=「牛乳パックがもちやすいハンドル」

お友達家族とランチパーティーを楽しんでいるAさん。

遊びに来た女の子がジュースをグラスに注ぐごうとして、1リットルの大きなパックは子供にはちょっと持ちづらそうです。

また、表面が結露して濡れると、滑ることもあります。

そんなとき使っているものがあります。
重たい紙パックが持ちやすくなるというもの。
四角く形を整えてから、パックの上からかぶせます。

持ち手と反対側の面がしっかりとパックを押さえ、さらに、三角のストッパーがパックの隙間にはまるので、しっかり固定することができます。

持ち手ができたことで、楽にささげるようになるというアイディアです。

和久田 「片手でも楽に持てそうですね。」

大きなパックを持ちやすくなって、女の子はみんなの分のジュースを注いでくれました。
また、紙パックの口を閉じるクリップもついているので、それを使って冷蔵庫に入れればにおい移りも防げます。

「しっかりと固定してくれるので、注ぐときに安定感があって、とても使いやすいです。
子供でも安心して見ていられます。」

和久田 「ハンドクリームをつけた手で、結露した紙パックを持つと滑るんですよね。ヒヤッとしたことがあります。」


他にも同じような機能を持った製品があるようですが、大きな面でしっかり支えてくれるというこの製品は、安心感がありますね。

口を閉じるクリップがついているというのも、細かい配慮を感じます。

使わないときには、折りたたんでおけるというのもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください