電気で温まる座布団=「ホットマルチヒーター」20151210-3

まちかど情報室「気になるところ温めます」
2015/12/10(木)の放送でした。

●電気で温まる座布団=「ホットマルチヒーター」

【楽天】

主婦のFさん。
冷え性だそうです。

この時期は、、、
「気温が下がるとともに、靴下の重ねばきですかね。
1枚、2枚と、、、」

そこで、暖かくなる座布団を使うようになりました。
ファスナーを分けるとプラグがあります。
ここにコードをつなげば内蔵されたヒーターが、数分で40度ほどになるので、手軽に温まることができるというわけです。

【アマゾン】

さらにもう一工夫あります。
小学生の娘さんが宿題をするときは、裏側を活用します。

二つ切れ込みがありました。
ここに足を入れます。
スリッパのような感じです。

和久田 「あったまって集中できそうですね。勉強に。」

スイッチにはタイマー機能がついているので、布団の足元において使っても、そのまま安心して眠れます。
(湯たんぽのような使い方ですね。)

「暖房器具だと部屋全体が暖かくなるまで時間がかかるじゃないですか。
足元があったかくなって、気持ちがいいというか、癒されるというか、、、。」

和久田 「足元とか首とか、一部分を温めるだけでも冷えの感じ方が変わりますよね。」


電気毛布という言い方がありますが、それにならえば、これは電気座布団ですね。

足をピンポイントで温める器具は、足温器と言いますが、その仲間でもあると思います。
お湯を使わないので、湯たんぽとは呼べないですね。

”あんか”という言葉を見かけました。
懐かしくなりました。
小さいころ、豆炭あんかを使っていました。
火をつけた炭を肉厚の容器に入れるもの。
このページを興味深く読み、参考にしました。
  ↓
絶滅寸前こだわり商品「豆炭あんか」

火をつけることや後処理が面倒だったりで、今はほとんど使われなくなりました。
しかし、今でも販売はされているようです。
一瞬、欲しくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください