つながる洗濯バサミ=「つながるピンチ」20131108-1

「つなげて便利です」
2013年11月8日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

ふだん見慣れたものでも、つなげてみると使い方が広がることがあります。
つなげて便利、というアイデアが紹介されていました。。

 
●つながる洗濯バサミ=「つながるピンチ」
・問い合わせ先:株式会社ディノス・セシール
 Tel:0120-70-8888

【楽天】

主婦のSさん。
洗濯をしました。
タオルケットのような大きな洗濯物を干すと、
ちょっと困っていたことがありました。

「風が吹いたときに、網戸や手すりにぶつかってしまって、
折りたたんで干すと、中の折り目のところが乾かなかったり、、、」

そこで、使うことにした洗濯ばさみがあります。
一見普通の大き目の洗濯ばさみ。
アイディアは、内側から引っ張り出せるフック。

別の洗濯ばさみの穴に引っ掛けると、つながります。
洗濯ばさみを3つつないで、そのつないだところに
タオルケットの両端をはさめば、風にあおられても、
壁に当たって、汚れないし、
しかも、乾きやすいというわけです。

ジーンズもウエスト周りを広げて、
干すことができます。

トレーナーなども、袖をつまんであげると、
脇の下にも、風とおりがよくなって、
乾きやすくなります。

この洗濯ばさみは、いくつでもつなぐことできるので、
靴下など、小さなものをたくさん干すこともできます。

「立体的に干すことができるので、
風が通って、乾く時間がすごく短くなり、とても便利だと思います。」


楽天では6個セットで販売していました。
セシールでは、12個セットでした。
一個あたりの値段はほぼ変わらないと思います。

靴下などは、専用のものがある、、、、と鈴木アナウンサーも言っていましたが
それは、そのほうが、使い勝手がいい、ということでしょう。
私も同感です。


コメントを残す

このページの先頭へ