外側に広げられる物干しハンガー=「ウイング アルミ 風通しハンガー」20160617-1

「はさんで便利」
2016年6月17日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

和久田さんは、仕事の資料をクリアファイルに挟んで整理しているそうです。

挟むことで便利に使えるアイディアが紹介されていました。

●外側に広げられる物干しハンガー=「ウイング アルミ 風通しハンガー」

主婦のOさん。
洗濯バサミで、洗濯物を挟んでいます。

沢山干すと、乾きにくい、、、。

「密集して風通しが悪くなって、なかなか乾かないので大変です。」

和久田 「重なり合ったりしますもんね。梅雨どきは気になりますよね。」

でも、大丈夫な物干しハンガーを見つけました。

6列ある洗濯ばさみのうち、2列が外せるようになっていて、外側に広げて干せます。

これで風通しが良くなるので、乾きやすくなるというアイディアです。

【アマゾン】

さらに、ズボンやタオルなど幅のある洗濯物を広げて干すのにも活用できます。

乾きやすいだけでなく、ついている洗濯バサミ全部を使って干せるようになりました。

この物干しハンガーはフックの角度を6段階に調整できるので、室内干しをする時に、引っかける場所に合わせて水平に干せるように工夫されています。

「幼稚園の着替えが多くて、洗濯物が毎日すごい量あるので、、、
風が通るのですごく乾きがいいです。」

和久田 「毎日のことですもんね。」


北海道函館地方も、このところ梅雨のような空模様です。
室内干しすることが多くなっています。

このハンガーなら、広げられて、しかも、いろいろなところにかけられるので、重宝しそうです。

※幸い、昨日の地震は揺れが短く、被害はほとんどありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください