洗濯物の中に風が通りやすい=「くるっとカラりんハンガー」20150522-1

「洗濯物 カラッと」
2015年5月22日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

昨日は傘の話題でした。
今日は洗濯物。
梅雨の時期らしいなと思いました。
洗濯物を干すときに役立つアイデアが紹介されていました。
北海道では、長い冬の間室内干しが中心になるので、参考になります。

 
●洗濯物の中に風が通りやすいハンガー=「くるっとカラりんハンガー」

【楽天】

【アマゾン】

4人家族のIさん。
子供たちが毎日のように着る制服のシャツや、体操着はなるべく早く乾かしたいと思います。

「次の日に持って行かないといけないというときに、朝乾いていないと、ちょっと困ります。」

そこで使うようになった8の字型のハンガー。
蝶々みないな形ともいえます。

使うとき羽のような部分を90度回します。
これを使うと、生地と生地の間に空間ができます。
干した時に空気が通りやすくなります。

下から覗くと、空気が通りそうな加減がよくわかりました。

肩の部分は曲線で支えているので、洋服にあとも残りにくいとのことでした。

使わないときは元の形に戻せば収納に場所をとりません。

「(洗濯物が)とても広がっているので、風通しが良くて乾きは早い気がします。
次の日に持って行かせる分には、とても私は助かっています。」


商品パッケージには、「アームが水平になります」「衣類に空間」というキャッチコピーが書かれているようです。

この製品の情報は下記のブログ記事を参考にさせてもらいました。

「能登のホームセンターロッキー2代目のブログ」 柔道着専用ハンガー♪

NHKの朝のドラマ「まれ」の舞台ともなっている”能登”ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください