「セレクション・木っていいね」20130531

すでに関東まで梅雨入りしているようですが、
北海道はここに来て、「青葉の季節」となりました。

2013年 5月31日(金)のNHKまちかど情報室は
「セレクション・木っていいね」
というテーマでした。4月19日と同じ内容です。
好評につき、再放送ということです。
木の良さをいかしたオモチャや生活雑貨のアイデアが
紹介されていました。


(1)木から削りだしたブロック=「もくロック」

自分が小さい頃は、積み木でよく遊びました。
その手触りや重みは今でも感覚として残っています。
色や木目の違いがあって、一つ一つに個性がありました。

木の製品には、プラスチック製品にはない、不思議な魅力がありますね。


(2)木で作ったハサミ=「桜の木のはさみ」

このハサミを販売している「0歳から6歳の伝統ブランドaeru」は、この「桜の木のはさみ」だけでなく、先日5月27日にまちかど情報室で取り上げた「和紙のボール」も扱っています。

小さな子供が触るものとして、質感を大事にしているんだろうなと思います。


(3)鳥の声や森の音などがライブで楽しめるアイデア

木でできたワイヤレスアクティブスピーカーが魅力的です。

メーカーHPには、次のように書かれています。
飛騨高山の家具メーカー「オークヴィレッジ」製のキャビネットを採用。釘やネジなどの金属を使用しない伝統工法により、高い強度とデザイン性を両立しています。

大小、2種類があって、
小さい方はWEB販売価格:¥59,800(税込)
大きいほうはWEB販売価格:¥315,000(税込)
大きいほうの音はどれほどなのか、特に聞いてみたいですね。


コメントを残す

このページの先頭へ