バレンタインデー特集「和食材を使ったチョコレート」20150211-1

2015年2月11日(水)建国記念の日。
NHKおはよう日本、7時30分からは、「まちかど情報スペシャル」でした。
『バレンタインデー特集』で、テーマは、
「大切な人に 贈りたい」

鹿島アナウンサー、小山アナウンサーが登場です。
小山アナは、チョコレート工場の工場長という衣装でした。

【和食材を使った話題のチョコレート】

●ところてんを使ったチョコレート風味のお菓子=「チョコろてん」静岡県伊豆の特産、天草を元にして、作られたチョコレート風味のスイーツ。

●豆腐を使ったチョコレート風味のお菓子=「豆腐生チョコ」
・三原豆腐店 Online Shop
(私が見たときには、SOLD OUTでした)

原材料の60パーセント以上に豆腐を使ったお菓子。
見た目は生チョコレートそっくりですが、
カロリーは生チョコレートの半分だそうです。

開発者 中島さん「バレンタインの時期に何かお客様に面白いことができないか、と。
豆腐でチョコレート作ってみようと。」

苦労したのは豆腐の水分量の調整だったそうです。
最初は、生チョコに触感が近い絹ごし豆腐でやってみましたが、水分が多すぎてうまくかたまりませんでした。
木綿豆腐では水分が少なすぎる。
ということで、水を1グラム単位で調整して、1年かけてこのお菓子専用の豆腐を作り上げました。

この豆腐に豆乳を加えてなめらかになるまで混ぜ合わせて、チョコレートを入れて大豆の風味を残した生チョコそっくりのお菓子が出来上がりました。

和久田アナウンサー 「やさしい甘さ。ふわっとしているんですよ。」

カロリーが少ないので、お父さんへのプレゼントとしても、ぴったりです。

●古酒を使ったチョコレートソース
パンケーキにかけたり、そのまま飲んだり、いろいろな楽しみ方ができそうです。
株式会社飯沼本家関連ページ →チョコレートリキュール

自慢の甲子の清酒と上質のカカオを使用したチョコレートソース。
上記サイトによると「なめらかでほどよい苦味のある大人のリキュールです。」


コメントを残す

このページの先頭へ