夏の特選 いつまでも元気に歩きたい 20130820

甲子園の高校野球は熱戦が続いています。
今日は休養日。大事な日だなと思います。
勝ち残っているチームは、しっかりとエネルギーをためて欲しいです。

2013年8月20日(火)のNHKまちかど情報室は、
「夏の特選 いつまでも元気に歩きたい」というテーマでした。

高齢者の歩行をサポートするアイデアが紹介されていました。
2013年 7月5日(金)に放送された内容です。


(1)つま先に仕切りが入っているくつ=「アンダンテ」

昔ながらの履物、足袋(たび)をヒントにして作られた商品。
伝統的な履物には、すばらしい長所があったんですね。
その構造を「タビライニング」と名づけたのも、
ほほえましいです。

早稲田大学もやるなと思いました。


(2)ゴムの力で足の上げ下げをサポートするグッズ=「らくらく歩ける君」

弱くなった筋力をゴムでサポートしてあげるというイメージです。
足を上げやすくするというだけでなく、
足を下ろしたときの衝撃もやわらげてくれるというから、優れものです。


(3)坂道などで作動するブレーキを備えた歩行車=「コンパル 抑速ブレーキ付歩行車」

車輪が付いているものは、ひとたびコントロールを失うと、
恐ろしいものになってしまいます。

急に力が加わったときに、ブレーキがかかるというのは、
とても安心です。
歩く勇気を与えてくれる製品だと思いました。


上記以外で、人気の高かった”高齢者にやさしい”グッズは
次の2つだそうです。

5月23日(木)放送
●シート状に薄くした延長ケーブル=「フラットコード」

7月10日(水)放送
●サッシ窓や引き戸につけて使う取っ手=「サポートハンドル ワイド」

高齢者が一人で暮らすという形がこれからも増えていきそうです。
安全、安心のためのグッズを上手に生活に取り入れたいですね。



コメントを残す

このページの先頭へ