夏の特選「親子で遊ぼう!」20140814

夏の特選「親子で遊ぼう!」
2014年8月14日放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

夏の予定と言うと、我が家ではお墓参り。
きのう済ませてきました。
鈴木アナウンサーは花火大会に行くつもりだったそうですが、雨で流れたそうです。
雨で予定が狂った人も多いかもしれませんね。
親子で楽しむアイディアが取り上げられていました。

(1)手持ち花火につける棒2014-07-08-1
・「親子で楽しく遊ぼう!」というテーマで2014年7月8日(火)放送

夏の夜、家の近くで手持ちの花火をするというのも楽しいものです。
小さい子供は、炎が恐くて十分楽しめないということもあります。
そこで、アイデアグッズ。
端っこに穴が開いている棒です。
ここに花火を入れ固定すると、持ち手が長くなります。

反対側には切れ込みが入っていて、持ち手が紙でできている花火も使えます。
線香花火もはさめます。

おっかなびっくりやってみるという体験もいいものです。

——————-
(2)スマホと連動する魚群探知機=「ソナーボール」20140723-1
・「夏のレジャー手軽に」と言うテーマで2014年7月23日(水)放送。

ブラックバスがよく釣れる所に親子でやってきましたOさん。
初めて釣りをする息子さんのために、魚群探知機を用意しました。
超音波で魚の存在を調べてくれ、釣り人はスマートフォンで確認できます。

実際に魚のマークが現れ、水深3メートルほどのところに魚がいることがわかりました。
大物が近づいた時には大きなマークになります。
魚がいることはわかっているのですが、このときは5時間かけてもつることができませんでした。

魚の存在がわかればモチベーションが上がると、これは確かだと思います。
いることがわかった上で、あとは釣るための技術を高めるということですね。
うまくいかなくてもやりがいがあるということは大事だと思います。

——————-
(3)廃線になった線路の上を走れる自転車=レールマウンテンバイク「ガッタンゴー!!」20140421-1
・「ユニーク乗り物体験しよう」というテーマで、2014年4月21日(月)放送

廃線になった後、観光のために線路を活用しているという話題でした。
この路線はトンネルが多いそうです。
ひんやりして、特に、夏は気持ちがいいようです。
全長3キロメートル。

自転車のブレーキで、きちんと止まることができます。
後にベンチが付いていて、家族で楽しむこともできます。

素朴な味わいがありますね。
遊園地のアトラクションと違って、ゆっくり会話しながら景色を楽しめるのではないかと思います。


コメントを残す

このページの先頭へ