20151103スペシャル後半は、ガーデニング便利グッズ

2015年11月3日(火)のNHKまちかど情報室は、
「アイディアで変わる!日本の収穫」というテーマ。

女性の発送を農業に生かす動きを取り上げていました。
また、これまでまちかどで取り上げてきたガーデニングに関する便利グッズなども取り上げていました。


(1)世界最小の畑=「hatake」シリーズ
【2015年6月17日(水)放送】

このキットに使われている特別な土は「エクセルソイル」という名前。
みのる産業が開発しました。
岡山県にある創業70年を迎える農機具メーカーです。

この土は壁面緑化などに活躍しています。
ピートモス、パーライトという軽い土にポリエステル繊維を混ぜるというアイディアで、実現した製品です。
ポリエステル繊維がスポンジのような構造になり通気性がよくなります。

更に、多くの人に栽培を楽しんでもらおうと、家庭向け製品を開発しましたが、売れませんでした。
良さがわかってもらえなかったとのこと。
そこで、別の会社が開発したペットボトルでミニトマトを栽培するキットに着目。
その会社とコラボレーションをすることにしました。

このキット、以前街まちかど情報室で取り上げていました。
2012年ですね。
ペットボトルを使って育てられる野菜のキット=「ペットマト」
(2012年 4月23日(月)「春だ!緑を育てよう!」というテーマ)
Goodlabという会社の製品。
アマゾンでも扱いがあります。

みのる産業とGoodlabのコラボで、面白い製品が出来たということです。


(2)ハーブのじゅうたん=「ハーブな絨毯(じゅうたん)」
【2014年8月28日(木)放送】
今回は、オレガノのロールマットでした。


(3)一粒ずつ種をまけるスプーン=種まきスプーン「楽たねクン」
【2014年3月17日放送】


(4)団子状になっていて撒きやすい種=「ベジたま」シリーズ
【2014年10月3日(金)放送】
以前の放送では、ニンジンの種をまいているところが紹介されていましたが、今回はレタスでした。
いろいろな花や、野菜の種がベジたまシリーズに追加されているのだと思います。
水やりの時、種が流されて行かないというのが最大のポイントだそうです


コメントを残す

このページの先頭へ