ごはんが温めなおせる発熱材つきの容器=「バロクック」20130924-2

2013/09/24のまちかど情報室のテーマは、
「あったかごはんが食べたい!」

 
●ごはんが温めなおせる発熱材つきの容器=「バロクック」
・問い合わせ先:株式会社スペースジョイ
 Tel:03-5434-7881

【楽天】

【アマゾン】
バロクック レクタンギュラーM 481097

ご飯が大好きな美容師のBさん。
この日は近くの公園で、スタッフとお弁当を食べることにしていました。

そんなときに重宝しているのが、特別な容器です。

朝炊いたご飯が入っています。お弁当箱のように見えます。
セットになっている袋を底に入れて、水を入れると、
膨らんで、湯気が出てきました。
熱くなります。

ご飯を上において、ふたをして待てば、温めなおしされ、
あったかご飯になりました。

袋の中に、水に反応して発熱する石灰が入っています。
カバーからはずして反応している様子を見ると、
ぐつぐつ沸騰しています。

最高95度まで熱くなります。
時間も、1時間ほど持ちます。

おかずも温められます。
カレーもぐつぐつしています。

「大満足の温かさで、すごくおいしかったです。
これからも外で、
寒くなってくるとあったかいものが食べられるとすごくいいと思います。」


結構な発熱力で、びっくりしました。
小さい子供が一緒のときには、気をつけたいですね。

駅弁の中にも、
お弁当の底に、発熱材がセットされているものがあったと思います。
理科の実験のような感じもあって、楽しいですね。

発熱材は、使い捨てです。


コメントを残す

このページの先頭へ