ぬれたタオルの入ったパック=「いまばりレスキュータオル」20131127-3

まちかど情報室、「火災に備えよう」
2013/11/27の放送でした。

 
●ぬれたタオルの入ったパック=「いまばりレスキュータオル」
・問い合わせ先:株式会社河本総合防災
 Tel:03-3456-8558

いまばりレスキュータオルのページ

————-(追記2013-12-04)————-
楽天でも扱うところが出てきたようです。

————-(追記おわり)——————

建物で火災に見舞われた時、タオルを鼻や口などにあてて
身を低くして避難するのが基本です。

そのタオルを濡らすと、吸い込む煙が減って熱風から喉を守れる
ということです。

でも非難するという時はタオルを鳴らす時間ももったいない
というのが実情でしょう。

そこで考えられたのが赤いパッケージです。
「火災避難用 水タオル」

中にはすでに濡れたタオルが入っています。
さらに、筒状になっていて、手を通せるようになっています。
そうすると落としにくくなります。

使われている水は、滅菌処理されていて、
未開封ですと3年間保存できます。

これを備えている、高齢者介護施設です。
入居者全員に配って、それぞれ取りやすい場所に
このタオルを置いてもらっています。

試しに使ってもらいました。
使用の感想
「簡単だ。よくみんな、考えてくださっってんねと、思ってね。
もし火事ならこの、ぬれているものは、宝だよ。」


このパック、火事のときにまず手に取るものとして、
身近なところに置いておきたいものですね。

思いついたのは愛媛県今治市のタオルメーカーです。
社長が出張した時に地震にあって、
慌てて避難したことがきっかけだったそうです。

その時や火災がなかったんですが、
「火災のときに、タオルを濡らしている余裕なんてないな」
と思ったことが、開発の原点だそうです。
火災は、パニックにも陥りやすいでしょうから、簡単が大事です。

2013年11月7日のトレンドたまご
でも取り上げられていました。
その中では、発売日は12月3日となっていました。


コメントを残す

このページの先頭へ