アイロンで縮み生地の風合いを変えられる=「ちぢむシート」20160217-3

まちかど情報室「手芸 楽しもう!」
2016/02/17(水)の放送でした。

●アイロンで縮み生地の風合いを変えられる=「ちぢむシート」

かばんやポーチを作るのが大好きなKさん。

最近作ったのがバッグ。
和久田 「生地がクシュクシュっとしてすてきですね。」

実は、白いシートを使って生地を加工しました。

【楽天】

このシートはポリエステルできていて、熱を加えると30%ほど収縮するのが特徴です。

加工したい記事の裏に、このシートを格子状の縫い目になるように縫い合わせていきます。
この状態でアイロンをかけるだけ。
シートが縮むことで、記事に独特の風合いが生まれます。

【アマゾン】

布とシートの間に綿を入れると、ポコポコっとした感じで、ふっくら仕上がります。

Kさんは、横に縫ってストライプのように加工をしたり、仕上がりに変化をつけて楽しんでいるそうです。

「いろんなアイデアが湧いてきます。
子供や孫にも作ったら喜んでもらえるかなと思います。」

和久田 「いつもの平らな布がクシュクシュっとするだけで随分雰囲気が変わりますね。」


収縮率の違いでソフトタイプ、ハードタイプがありました。
まちかどで紹介されていたのは、30%の収縮率ということですからハードタイプですね。
(ソフトタイプは収縮率15%)

用途に合わせて使い分けるするとさらに楽しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください