エリマキトカゲのロボットキット=「リザードロイド MR-9104」20160517-3

まちかど情報室は「親子で工作楽しもう」というテーマ。
2016/05/17(火)の放送でした。

●エリマキトカゲのロボットキット=「リザードロイド MR-9104」

エリマキトカゲのおもちゃが登場。
ロボットですが、作ったのはWさん親子。

自動で前に進み、目の前に障害物が現れると、襟巻きで威嚇した後、逃げ出します。

モードを切り替えると、後をついていくようになります。

このエリマキトカゲ、100を超えるパーツからできています。

中でも、赤外線センサーが重要なパーツです。
自動車のオートブレーキなどにも使われている部品と同じ機能で、これが頭についているので、障害物を感知できます。

モーターやギアなどで組み立てながら、ロボットが動く仕組みも学べます。

親子で作ること、およそ2時間半。

長男 「難しいところもあったけれど、とても楽しく作れました。」

和久田 「手作りだけれど、本格的ですね。エリマキトカゲにしたというのが、またユニークですね。」


この製品を考えたのは、福岡県にある工作キットの専門メーカー。

エリマキトカゲといえば、30年ほど前に日本でブームになりました。
当時夢中になったであろう親の世代に、子供たちと楽しんでもらいたいという狙いがるそうです。

動きに合わせて揺れるしっぽ。
アクションに合わせて光り方が変化するLED内蔵の目。

VTRの中でも、目の光かたの変化ははっきりわかりました。

愛嬌のあるロボットだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください