オリンピック 100倍楽しめます 7月26日

なでしこジャパンが、オリンピックでの戦いをスタートさせました。開会式に先立って、予選が行われたんですね。相手はカナダ。世界ランキング7位(日本は3位)で、強敵です。前半には見事なパス回しで得点を挙げました。大会前はいろいろな相手に負けて、心配されていましたが、本番にあわせて調子を上げてきたなという気がします。日本選手団全体に勢いを与えてくれたと思います。各種目、応援していきたいですね。
 2012年 7月26日(木)のまちかど情報室は、「オリンピック 100倍楽しめます」というテーマでした。オリンピックをより楽しむためのアイデアが紹介されていました。

●ロンドン五輪 マラソンコースを体験出来るサイト ・ 号外が作れるサイト
・問い合わせ先:パナソニック株式会社
 ジョギングしている鹿島アナウンサー。「ロンドンの景色の中、走りたいなあ」とつぶやいていました。その気持ちにこたえてくれるサイトがあるということでした。パナソニックが運営するサイトです。ロンドンのマラソンコースを走る気分が味わえます。
 自分の代わりになるキャラクターを選んで、走ってもらうということです。鹿島アナウンサーはMACH BOLTという名前をつけました。マラソン選手の目線でロンドンの街を楽しむことができます。5キロ地点、右手に見えてきたのは、セントポール大聖堂。景色を見ながらちょっと休憩を取ることもできます。15キロ地点には、ビッグベン。途中沿道の応援風景も表れます。ゴールは近いぞという看板を持っている人も居ます。バッキンガム宮殿の前でゴール。金メダルを獲得した気分のようです。
 観光名所が、マラソンコースに取り入れられているということがわかります。観光案内としても楽しめそうです。
 号外を作ることのできるサイトもあります。あらかじめできている枠組みに、言葉や画像を取り込むと、見栄えのいい号外が完成します。おはよう日本のキャスターを取り上げた号外を作ってみていました。良くできています。

●オリンピック選手そっくりのブロック=「nanoblock × 大図まこと」シリーズ
・問い合わせ先:株式会社カワダ TEL:0268-62-1819
URL→http://www.diablock.co.jp/nanoblock/
楽天でもアマゾンでも扱いがありました。
オリンピックがとても楽しみというFさん一家。気分を盛り上げようと、ブロックを購入しました。小さいブロックです。およそ150個があります。30分ほどかけて組み立ててできたものは、体操選手でした。裏側もきちんと設計されていて、柔道の背負い投げも裏からかくにんできます。全部で13種類あるそうです。
 奥さんのコメント=「すごく、かわいらしいと思います。」 Fさんのコメント=「躍動感が小さい中にあらわれています。テレビの前において応援したいと思います。」
 このオリンピック関連のブロックを思いついたのは、刺繍作家のだそうです。刺繍は、ブロックのような四角を埋めていくという作業になります。作業しているうちに、ブロックとして製品化しようと考えるようになったそうです。面白いですね。

●23の言語を翻訳するアプリ
・問い合わせ先:情報通信研究機構(NICT) TEL:042-327-6923
 いろいろな国から人が集まるオリンピック。国際交流の大きなチャンスですね。ただ言葉の問題が。そこで、スマートフォンを活用します。翻訳アプリがあるんですね。自分が話せる言葉を選んで、話したい相手を登録します。日本語でしゃべった言葉が、他の言語に翻訳されます。鹿島アナウンサーが「今日はたくさんお話をしましょう」と話して、アプリを通すと、英語で語られました。それを聞いたアメリカ人は、うなずいて返事をしていました。
 一対一だけではなくて、複数の人と同時に会話を楽しむことができます。例えば中国人が中国語で話し、アプリを通すと、日本語・ヒンディー語・英語の三種類言葉が流れます。
 このアプリ現在は23ヶ国語に対応していますが、開発途中ということで、これからどんどん精度を上げていきたいということでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください