ランニング用の足袋=「KINEYA無敵」20170113-2

NHKおはよう日本、2017/01/13(金)のまちかど情報室のテーマは、
「”履物”の良さを今に生かす」

●ランニング用の足袋=「KINEYA無敵」

足袋の産地の一つ、埼玉県行田市にある足袋メーカーが開発したアイディア。

足袋の良さを生かしたランニング用の足袋です。

足袋メーカー 「足袋の場合は全部縫製で仕上げるんですね。その部分がやっぱり靴にはない、袋で包み込込まれたような感じですとか、やわらかさとかが感じられると思います。」

走りに対応するため、天然ゴムを厚さ5mm の薄さで縫い付けてあります。

「KINEYA無敵」販売ページ

まるではだしのような感覚ではくことができるといいます。

最近これを使い始めたというAさん。

普通ランニングシューズで走るとかかとから地面に着地しますが、これを履くとつま先から着地するようになり、足の指の掴む力を鍛えてくれるそうです。

膝への衝撃も和らぐそうです。

「自然に前に行くっていうか。
ソールも薄いし、はだし感覚で地面をとらえているという感じはあります。」


足袋の需要が減っている中で、着物に合わせるとき以外にも使ってもらおうと、ランニングをしているアスリートの方と共同で開発したそうです。

この足袋を作った人たちは、走り方についても提案しているそうです。
足指の付け根で着地する走法。
教本も出しているようです。(上記販売ページにあります。)


コメントを残す

このページの先頭へ