ロボットが作れるキット=「ラピロ(RAPIRO)」20130809-1

「続々登場 アイデアロボット」
2013年 8月9日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

いろいろな場面でロボットが話題になりますね。
高校生が挑戦したり、
家族で楽しめたりと広がりを見せているということでした。

 
●ロボットが作れるキット=「ラピロ(RAPIRO)」
・問い合わせ先:機楽株式会社
 製品の紹介ページ → http://www.kiluck.co.jp/?p=120&lang=ja

白いボディのかわいいロボットが歩いています。
これは、小学生の男の子がお父さんと一緒に作りました。

ロボット組み立てキットに挑戦したのは、
工作が大好きという4年生。

およそ40個の部品があります。
小学生から作ることができるそうです。

ドライバーを使ったり、端子にコードをつないだり、、、

出来上がれば歩いたり、手を動かしたり、自由に操作できます。

さらに、市販されている最新の電子部品を取り付けることができて、
新たにプログラムを書き込むと、声で操作することができます。
プログラムを自由に書き換えて、自分ならではのロボットにすることが
できるんです。

「お父さんと組み立てて、楽しかった。」

「どんどん変えていけるのも一つの魅力だと思いますね。」


机の上で遊ぶことができる、ちょうどいいサイズだと思います。
白いボディーと大きな目が印象的です。

先行販売されたらしいですが、すでに完売。
facebookでその後の、情報発信をしてます。
https://www.facebook.com/project.rapiro

トレンドたまごでも取り上げていました。
2013年7月4日のトレたま


コメントを残す

このページの先頭へ