富士山 身近に楽しく 7月3日

この夏の計画停電の計画書がきのう我が家にも届けられました。北海道は特に電力不足が深刻だということはニュースなどで見ていましたが、実際に計画を示されると、驚きがありました。節電によって、計画停電が回避できればいいなと思いました。
 2012年 7月3日(火)のまちかど情報室は、「富士山 身近に楽しく」というテーマでした。7月1日は富士山の山開きだったそうです。富士山に登らなくても富士山を身近に楽しく感じられるアイデアが紹介されていました。

●富士山グッズを取り扱うサービスエリア
・問い合わせ先:富士旬粋 ネオパーサ清水店 TEL:054-360-2077
4月に開業した新東名高速道路から見える富士山。富士山を望む清水パーキングエリアには富士山グッズがたくさんあるそうです。おせんべいやお饅頭、手ぬぐいなども。店長お勧めは「一見、変わった柄のハンカチになってるんですけども、これはですね。富士山になるんですね。」ということでした。

このハンカチをデザインしたデザイナーは他にも富士山グッズを手がけています。
●富士山をモチーフにしたグッズを手がけるデザイナー
・問い合わせ先:goodbymarket TEL:054-262-3024
上記HPでオンラインショッピングができます。楽天でも扱いがありました。

静岡で生まれ育った池谷さん。胸に富士山のハンカチを入れ、ポケットチーフとして使っていました。
・ティッシュを引き出すと富士山が完成する
・作業用の手袋

シャツの裏に富士山がプリントされたものなども作っています。池谷さんは幼い頃から富士山が大好きで、より多くの人にその魅力を知ってほしいといろいろと作るようになったそうです。
池谷さんのコメント=「富士山はいろんな表情があるのがすき名と頃ですね。日常の意外なところに富士山を取りいれてくれたらいいなと思ってます。」
なんでも好きな富士山に見立ててしまうというところが面白いですね。

●富士山の形のおにぎりが楽しめる海苔=「富士山おむすび海苔」
・問い合わせ先:東海道 表富士 TEL:0545-55-0333
楽天やアマゾンでは扱いがありませんでした。上記HPはオンラインショップです。
 富士山の裾野、富士市のOさん宅。今日はおにぎりパーティーだそうです。静岡県の乗りメーカーが開発した海苔を使っています。ポイントは、端がぎざぎざに切られていること。三角のおにぎりをつくっておいて、下のお尻のほうからくるむと、富士山ができました。海苔から出ている白いご飯の部分が山頂の雪に見立てられています。
 Oさんのコメント=「作ってみると、本当にだれでも富士山だとわかるんで、楽しい海苔だと思います。」
 ちょっとしたことですが、やっておいてくれるととても楽です。目先が変わって良いですね。

●富士山をモチーフにしたグラス=「富士山グラス」
・問い合わせ先:菅原工芸硝子株式会社 TEL:03-5468-8131
URL→http://www.sugahara.com/
楽天で扱いがありました。
山登りが趣味だというOさん。Oさんは、富士山の周りの山に登ってその頂上から富士山を眺めるのがお好きだそうです。そして、自宅にも富士山を持っているそうです。取り出したのは富士山と書かれた木の箱。娘さんからプレゼントされたそうです。中に入っているのは、グラスでした。ビールを注いで見ると、黄金の富士山ができました。グラスの口をすこし細くすることで、泡が集まりやすく雪のように見えるそうです。奥様は赤いリキュールにオレンジを合わせて、赤富士のような色になりました。どちらもきれいでおいしそうです。
 Oさんのコメント=「薄いガラスでできているんで、とても飲みやすいですね。これで飲むと日本一の気分になります。」
 技術的に作るのが難しいグラスだそうです。作っている硝子工房は、評判の高いところのようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください