散策、撮影してポイントを競うスポーツ=「フォトロゲイニング」20160413-2

NHKおはよう日本、2016/04/13(水)のまちかど情報室のテーマは、
「地図 活用しよう」

●散策、撮影してポイントを競うスポーツ=「フォトロゲイニング」

人々がマラソン大会のようにスタートを切りました。
実は、「フォトロゲイニング」というスポーツでした。

特徴は、出発前に地図が配られること。
チェックポイントごとに点数が示されていて、参加者はそこで写真を撮ってなるべく多くのポイントを獲得し、制限時間内に帰ってくることがルールです。

回る順番は自由に考えることができます。

和久田 「どのルートを通ってもいいんですね。」

「フォトロゲイニング公式サイト」

今回、初参加のチームは小さい子供体力を考え、鉄道も活用することにしました。

今回の大会は順位だけでなく、観光も楽しんでもらおうと、企画されたものです。

途中、慣れない地図に道を見失う場面もありました。

みんなで協力しながら観光楽しみつつ、5時間で回ったポイントは11ヶ所。
制限時間内にゴールすることが出来ました。

「紙切れの地図を本当に久しぶりに見て、最初、抵抗があったんですけど、観光もしながら寄り道もしてすごく楽しかったです。」


観光をしながら回るチームもある一方で、走り続けながら高得点を狙うチームもあるそうです。

関東を中心に全国各地で大会が開催されているそうです。
今の時期は気候も良く、散策するには持ってい来いでしょう。

北海道はまだ肌寒いので、屋外に長時間いるのはつらいですね。
サクラの開花も例年はゴールデンウィーク中。
今年は25日前後でしょうか。

函館近郊も撮影スポットはたくさんあるので、もし「フォトロゲイニング」が行われたら楽しめると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください