水中で会話できる=水中トランシーバー「ロゴシーズ」20150710-3

まちかど情報室「海のレジャーに役立ちます」
2015/07/10(金)の放送でした。

 
●水中で会話できる=水中トランシーバー「ロゴシーズ」

【楽天】・・・アドヴァンスドモデル

【アマゾン】・・・ベーシックモデル

仲間とダイビングを楽しむ時に役立つアイディアです。
使うのは耳の近くにつけた黄色いグッズ。
これを使うと水中でも声が聞こえます。

黄色いグッズの正体はトランシーバでした。
水中でこれをつけている人だけが会話できます。

一般的に水中では、ジェスチャーやボードに文字を書いて意思疎通を行います。

このトランシーバーは、骨伝導という方法で会話をします。

顔に触れている部分で、会話をしてるときの頭蓋骨の振動をキャッチします。
それを超音波で飛ばすことで、中での会話を可能にしています。

このときはウミウシを発見しました。
こんな時に、見たことや感じたこと気軽に会話できます。

「きれいだねとか、見た感動などを分かち合えるのはすごく楽しいなと思います。」

「インストラクターの人といつでもつながっていられるという安心感がありますし、とても心強いですね。」

海の中の記念写真と撮るとき、掛け声をかけてタイミングを合わせることもできます。

和久田 「見つけたものにすぐ反応できて一緒に見られると、楽しさも倍増しますね。」


作ったのは、娘たちとダイビングを始めた、メーカーの社員。
もっと娘と会話を楽しみながらダイビングをしたい、”さびしかった”ということで、作ったそうです。

会話を楽しむだけでなく、ブザー音で仲間に危険を知らせる機能もついているそうです。

グレードによって本体の色が違うようです。
まちかどで紹介されていたのは、おそらく「アドヴァンスドモデル」だと思われます。
ベーシックモデル(白)にはない、ボイスレコーダー機能などがついているようです。
専用フードなど、関連グッズもいろいろありました。

これも試してみたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください