渦巻きが見える加湿器=「トルネード加湿器」20160115-3

まちかど情報室「回っていい感じ」
2016/01/15(金)の放送でした。

●渦巻きが見える加湿器=「トルネード加湿器」

グラフィックデザイナーのNさん。
この時期暖房を使うので、部屋が乾燥して気になります。

加湿器を使っていますが、Nさんの加湿器はちょっと変わっています。

スイッチを入れるとミストが出てきて、それが巻き上がって渦巻きなっています。
見た目もいい感じです。

【楽天】

これを考えたのは高校生の北田紗弓さん。
家の近くで、つむじ風を見てその仕組みに興味を持ったのが始まりだそうです。

科学雑誌が行った、付録のアイデアを募集するコンテストにつむじ風の再現装置で応募したところ、それが見事大賞に選ばれました。
そこからできたそうです。

【アマゾン】

雑誌は「大人の科学マガジン」
付録が女子高生が考えた トルネード加湿器
(渦巻きを作って楽しむUSB加湿器)

この付録は、およそ30のパーツを組み立てて作っていきます。
LED の色も変化して、インテリアとしても楽しめます。

Nさん 「こんなの初めて見たので、とてもきれいで。
仕事に疲れたときに見ると、ゆったりした感じがあってすごく癒されます。」

和久田 「高校生のアイディアとは驚きました。」


雑誌についてくる付録は、組み立てるものというイメージはしみついています。
子供のころは、よく付録につられて買ってしまったものです。

最近はマニア向けに、組み立て付録のついた雑誌が増えてきています。
探すと、まだまだいろいろあるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください