立体のアニメーションになる塗り絵=「colRAL(コラル)」20131204-1

「浮き出て楽しく」
2013年12月4日(水)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

素材を工夫したり、最新技術を使ったりして
”浮き出て”きます。
親子などで楽しめるアイデアが紹介されていました。

 
●立体のアニメーションになる塗り絵=「colRAL(コラル)」
・問い合わせ先:Puteko Limited(プテコ リミテッド)

Sさんのお宅では、みんなで塗り絵を楽しんでいます。
鳥の絵が書いてある紙に、思い思いの色を塗っています。

お父さんと子供2人、3種類の鳥の絵が完成しました。
タブレット端末を塗り絵にかざすと、
鳥が起き上がって動き出しました。

塗り絵が立体的なアニメーションになりました。
塗った色がそのまま反映されています。

少し荒い感じで塗ったほうがおもしろい味わいになります。
色が違うと全然違った鳥に見えます。

絵柄はインターネットからダウンロードします。
専用のアプリをタブレット端末にインストールします。
スマートフォンでも使えます。

絵柄自体がバーコードのような働きをしています。
それをアプリが読み取って、立体的になるということです。

鳥以外にも、
動くかぼちゃ、ドラゴンが火を吐きながら動いている姿、
画面に表示されているボタンを押すとボールが増えていくようなアニメ
などなど、18種類の絵柄があるそうです。

「自分の塗った色が細かく出ているので、
すごいなと思いました。
塗ってできたあとに、もう一つ楽しめる、
そういうところがいいんじゃないかなと思います」

colRALの紹介ページ(英語)
このサイトの「ホーム」には、YouTubeの動画が埋め込まれています。
子供たちが楽しんでいる様子が確認できます。


このアプリ、全機能を使うためには有料版が必要のようです。
詳細はつかみきれませんでした、、、。


コメントを残す

このページの先頭へ