編んでフリルが作れる生地=「ウイスターフェアリーヌ」20140218-3

まちかど情報室「おしゃれ自分流」
2014/02/の放送でした。

 
●編んでフリルが作れる生地=「ウイスターフェアリーヌ」

紹介ページ→ http://www.crafttown.jp/topic/045/

※HPによると、
「全国の藤久グループクラフト店舗にてお求めいただけます。」
とのこと
———————————-
主婦のOさん。
お出かけのときのバッグにはフリルがついています。

襟元にもフリル。

Oさんは、フリルを手づくりしているそうです。

使っているのはリボンのような生地。
あらかじめ片側には小さな穴が開いています。

この穴に編み棒を通していって、
毛糸のように編んでいくことで、豪華なフリルができます。

丸く花のようにして、帽子につけたり、
ニットのすそに縫い付けたり、
そのまま首に巻いてスカーフ代わりに。

春を先取りしたような、明るい感じがしてきます。

「フリルが出ますので、豪華な感じになりますし、
風合いもすごくやわらかいので、
これから春に向けてとてもいいかなと思います。」


リボン状の布を編んでいくと言うのは、興味深いですね。
立体感あふれる、フリルは華やかでいいと思います。

ちょっとした小物によって、個性的にすることができますね。
面倒がらずに、細部にまで気を配ることがおしゃれの基本でしょうか。


コメントを残す

このページの先頭へ