見学できる工事の現場=「三輪トンネル」20150529-2

NHKおはよう日本、2015/05/29(金)のまちかど情報室のテーマは、
「見せます! 巨大インフラ」

 
●見学できる工事の現場=「三輪トンネル」

「暮らす人々の快適と、生活を広げるMAGロード」
平成25年度 東海環状三輪トンネル工事

という看板が掲げられた場所の話題でした。

国土交通省中部地方整備局 「ぎふこくなび」

———————-
一般の人が見学できる工事中の現場も増えているそうです。

「3 2 1 発破!」
その後、大きな音が響き渡りました。

岐阜県で来年度完成する予定のトンネルです。

去年8月からの工事で、掘り進んだ長さは500メートル。
日々行われている掘削作業などの様子を見ることができます。

爆破させるためのかやく押し込む穴を開けているところでした。

トンネルなどのようにして作られているのか、現場の担当者が2時間程度案内してくれます。

「今までは自分が走っていたところが、作られているのを見ると、こんなふうに作られていたんやなと、いうのはあります。」


関係HPを見てみると、工業系の学生などを対象に積極的に説明会を行っているようです。

道路工事は、トンネルだけでなくスケールの大きな現場がたくさんありそうですね。
いろいろな体験ができるわけではないかもしれませんが、説明してくれる人がいれば充実した時間をすごせるだろうなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください