音で腕振りを教えてくれる=「ダッシュドライバー」20150414-1

「体を楽しく動かそう」
2015年4月14日(火)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

和久田アナウンサーは、最近、ホットヨガに行ったそうです。
続けてみようと思いますとのこと。
継続がポイントですね。
楽しく体を動かすためのアイデアや運動することで脳を活性化させるアイディアが紹介されていました。

 
●音で腕振りを教えてくれる=「ダッシュドライバー」

【楽天】・・・現在、品切れ中

かけっこが早くなりたい子供のためのアイディア。
この春小学一年生になった男の子。
お父さんが一生懸命、腕を大きく振るように指導しています。

走る基本は、腕を90度にまげて前後に大きく振ること。
男の子はくせがあって、左の肘が伸びてしまいます。

そこで使い始めたのが、ひじにつけるサポーター。
肘を曲げて大きく振ると、リズミカルな音が鳴ります。

腕の振りが小さいと、音がうまくなりません。

その秘密は、サポーターの中にあるケースです。
中にステンレスの玉が入っていて、腕の振りを意味で確認できるようになっています。

かけっこが苦手な子供に、楽しんで練習してもらおうと、開発されました。

「腕を大きく振ったら、速く走れた!」

父 「音が鳴るので、正しい腕の振り方で走れるので、そこがいいと思います。」


スポーツ用品メーカー、ミズノの製品。

かけっこも根性論だけでは、速くならないということでしょうね。
どうやってがんばればいいのかがわかるというのは、救いです。

子供にもわかりやすい音で知らせてくれるのは助かります。
みんながこれを使うと、全体的にレベルが上がってくるということになるんでしょうね。
勝ち負けだけにこだわって欲しくないですが、勝ち負けこそ最大のモチベーションのような気がします。
複雑な気持ちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください