ブレスレットのように持ち歩けるイヤホン=「Wraps(ラップス)」20160801-3

まちかど情報室は「片づけてスッキリ」というテーマ。
2016/08/01(月)の放送でした。

●ブレスレットのように持ち歩けるイヤホン=「Wraps(ラップス)」

友達とお出かけするNさん。
ブレスレットのように見えますが、解いていくとイヤホンになりました。

Nさんはこれまで、イヤホンはバッグに入れていたのですが、取り出すとき絡むことがありました。

でも、このイヤホンなら大丈夫です。
まず、コードを調節するスライダーを上まで上げます。

コードの端をつまみながら、手首に巻きつけていきます。

最後にジャックの部分をスライダーの穴に挿します。

絡まりやすいイヤホンをアクセサリー感覚ですっきり持ち歩けるというアイディアです。

英国「wraps」のHP

和久田 「逆に、見せてしまうということですね。」

その日の洋服や気分で変えられるように、デザインや素材もいろいろとあります。

「つけててもかわいいから、いつもつけています。
使いたいときに腕からすぐ外して使えるので便利です。」

和久田 「からまないし、おしゃれだし、いいですね。」


考えたのはイギリス人のデザイナー。
外出するときにイヤホンを忘れることが多く、身につけておけば忘れないんじゃないかということで思いついたそうです。

大きく2種類。
・ポリエステル素材を使用した「クラシック」
・木・合皮素材を使用した「ナチュラル」
それぞれマイク機能あり/なしの2タイプから選ぶことが出来るそうです。

イヤホンをうまく収納したいというのは、世界共通の悩みなんですね。

参考までに、、、
「英国発!おしゃれなイヤホンブレスレット<Wraps>を日本に広めたい!」
日本ではクラウドファンディングでの販売が行わたようですが、なにやらうまくいっていない雰囲気でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください