うなぎの中骨を使ったパン=「うなぎパン」20150724-2

NHKおはよう日本、2015/07/24(金)のまちかど情報室のテーマは、
「うなぎ 大好き!」

 
●うなぎの中骨を使ったパン=「うなぎパン」
—————————————
「うなぎパン」・・・ロング32cm 360円/ハーフ180円
神戸市新長田
「ベーカリーショップ ホルス」にて販売。
うなぎ中骨は「鰻屋 西村川魚店」から。
—————————————

パン屋さんの映像。
いろいろなパンが映し出されてきました。
ウナギに関係あるものがあるはずです。

細長くて茶色い、艶のあるパンが運ばれてきました。
このパン、うなぎをさばいた時に出る中骨を使っていました。

考えたのは、うなぎ店の3代目、Nさん。
消費量が落ち込むうなぎを、もっと身近に感じて欲しいという思いからでした。

「パンという形で、ウナギが食卓を盛り上げられたらと思いまして、、、」

Nさんは、さばいたうなぎの骨を、大きな鍋で丸一日煮込んで、乾燥させた後、粉末にします。
これをパン屋さんに持ち込んでいました。

近所でパン屋さんを営むSさん。
うなぎの骨の粉末を次に練り込んで、丸め、細長い特製のパンを作りました。

表面に塗ったキャラメルソースが、香ばしい香りとウナギのような見た目を演出します。
和久田 「確かに黒くなるとウナギの背中みたいですね。」

「実際に食べて、お客さんがおいしいか、それがまず一番ですので、、、」

中には抹茶クリームと黒豆が入った、パイ生地のパンです。

「お菓子感覚で食べられるので、子供たちも喜んで食べています。」


最初は蒲焼のたれを使ってみたり、ウナギの身を使ってみたりしたそうです。
しかし、コスト面や味で折り合わなかったそうです。

そこで、悩んだ末にたどり着いたのが、今まで捨てていた骨だったそうです。

一つのパンに、ウナギ一尾分の中骨を使っているそうです。
和久田 「カルシウムもたっぷりとれそうですね。」

「うなぎパン」関連記事

長さと、栄養価でも話題になっているようですね。
記事によると3ヶ月限定ということでした。
紹介するなら、そのあたりにも触れるべきじゃないかなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください