こんにゃくでできた食材=「マンナンミール」シリーズ20160713-2

NHKおはよう日本、2016/07/13(水)のまちかど情報室のテーマは、
「進化する 和の食材」

●こんにゃくでできた食材=「マンナンミール」シリーズ

これから晩ご飯だというOさんのお宅。

きょうのメニューは春雨の炒め物に、まぐろのお刺身、そしてサーモンのサラダ。

和久田 「豪華ですね。おいしそうですね。」

実はこれらのメニュー、ある食品を使って似せて作ったものです。
それは、こんにゃくでした。

考えたのは、香川県にあるこんにゃく専門のメーカー。
こんにゃく特有の香りを取り除き、天然色素で色をつけ、食感も変えています。

基本をこんにゃくですが、その食材に近い味つけにしています。

和久田 「マグロみたいに見えますね。」

肉や魚よりカロリーが抑えられると、Oさんは毎日の食卓に工夫して取り入れています。

「一品これに変えたらカロリーダウンで、家族の健康にもいいかなと思います。」


「やせれそうな気がします。」


いろんな色と味をつけるので、細かく砕いてスムージーにもしているそうです。

あんこに混ぜて、どら焼きにも使っているとのこと。

今開発しているのは、肉と混ぜて作るハンバーグ。
肉を食べているという満足感は維持しながらカロリーを抑えることができそうです。

ダイエットブームの現在、ニーズは高いでしょうね。

メーカーの通販サイトは「マンナン王国」
各種、マンナンミールが使われた食品が紹介、販売されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください