しょう油ともずくを混ぜたジェル状の調味料=「もずく醤油」20140115-1

「しょうゆご当地流で楽しもう」
2014年1月15日(水)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

しょうゆは日本の食卓にはなくてはならないものです。
我が家で使っているのはこんぶしょうゆ。
比較的歴史は新しいと思います。
そのほか、
各地の特産品を生かしたユニークなものが続々登場していますね。

 
●しょう油ともずくを混ぜたジェル状の調味料=「もずく醤油」
・問い合わせ先:勝連漁業協同組合
 Tel:098-983-0003

【楽天】

沖縄のきれいな海が映りました。
お友達とランチを楽しむ糸満市のSさん。
食卓に欠かせないものがあるそうです。

紹介してくれたのは、チューブに入った調味料。
とろっとした調味料です。

醤油に沖縄特産のモズクを入れたものです。
沖縄県は、モズクの生産量全国1位です。
沖縄の人たちはモズクをよく料理に使っているそうです。

モズク収穫の様子が映っていました。
海の中で掃除機のようなものをつかい、モズクを吸い取って集めていました。
おもしろいですね。鈴木アナウンサーも反応していました。

食物繊維やミネラルがたっぷりのもずく。
そのうまみを生かすので、塩分は普通の醤油の半分になるそうです。

Sさんは、まろやかでとろっとした食感がお気に入りです。
刺身の上にのせたり、アボカドのサラダにかけたりして
楽しんでいるそうです。

「味はとってもまろやかで、
体にいいと思うし、嬉しいです。」


もずくは調味料を加えて食べるもの、という固定観念がありましたが、
見事に打ち破られました。

ペースト状になっていると言うことで、
塩味を強く感じることができるので、そもそも量が減らせるとのこと。
紹介されていたように、そもそも減塩仕立て。
塩分が気になるひとには、うれしい調味料だと思います。


コメントを残す

このページの先頭へ