しょう油に鮎の風味がつけられる=「焼鮎」

NHKおはよう日本、2014/01/15のまちかど情報室のテーマは、
「しょうゆご当地流で楽しもう」

 
●しょう油に鮎の風味がつけられるセット
・問い合わせ先:四万十生産有限会社
 Tel:0120-40-1045
ビンなどがセットになったものは、私は見つけられませんでした。
問い合わせ先の四万十生産有限会社が出荷元になっている「焼鮎」が
楽天にありました。
【楽天】

鹿島アナウンサーが紹介してくれました。
手に持っていたのは焼いた鮎です。

醤油の瓶の中に丸ごと入れました。
そこへ醤油をそそぎます。

3日ほど置くと、醤油に鮎の風味がつきます。

鹿島アナ「鮎のいい味と香り、、、」

これが生まれたのは、高知県四万十川流域。
ここでは特産の鮎を焼いて、雑煮や煮物などのだしとして
使ってきました。

それからヒントを得たのが焼いた鮎をビンにつめる
と言うものです。

醤油を入れて作った調味料。
これを使うとだしいらず。
そうめんのゆで汁に注ぐと、それだけで鮎そうめんができます。

鹿島アナウンサーも納得顔
「こんなに簡単にあゆそうめんができちゃた」


スタジオに今日紹介された三つの醤油が並びました。
鈴木アナウンサーが最初に手に取ったのが、
鮎のしょうゆでした。

口に含む前から、だしの香りがするということです。
鈴木アナ「だしが聞いてますね。
鮎の独特のちょっとした苦味みたいなものも感じますよ。」

鮎は
何度か継ぎ足して繰り返し使うことができるそうです。
鮎はその後、そのまま食べることもできるということでした。

まちかどではなかなかありませんが、
実演されると、試してみたくなりますね。


コメントを残す

このページの先頭へ