キウイフルーツの近縁種=「さるなし」(コクワ)20141029-3

まちかど情報室「いま注目!”新”フルーツ」
2014/10/29の放送でした。

 
●キウイフルーツの近縁種=「さるなし」(コクワ)

◆サルナシ狩り
・問い合わせ先:道の駅 たまかわ
 Tel:0247-57-3800 ※シーズンは11月上旬まで
——————————————–
小山さんが福島県を訪れ、取材をしたようです。
ちょっとおもしろいフルーツ狩りができるとのこと。

訪れたのは観光農園。
そこで栽培しているのが「サルナシ」
オリーブみたいな見た目の、小さな果実です。

美味しくてサルが食べ尽くしてなくなってしまうから「サルナシ」と呼ばれているという説があるそうです。

切ってみると、キーウィにそっくり。
皮ごと食べられます。

小山 「甘い! そして、完全に味わいはキーウィです。」

キーウィが完熟したときの甘さを想像していただければ、、、と言うことでした。
とても甘いそうです。
皮の周りは少し酸味があります。

このサルナシは、キーウィとおなじマタタビ科の果物で、日本や中国の山に自生しています。
コクワとも呼ばれていて、とって食べた人もいるかもしれません。

最近小さなキーウィとして注目されているそうです。
「さるなし(こくわ) 福島県玉川村産さるなし使用ジュース」
「さるのさけ(猿無)」
「SARUNASHI WINE」
「さるなしジャム」
などが映し出されていました。

栽培する農家が増えているそうです。
ジュースやお酒、カレーもあります。
「こぶしの里 福幸グリーンカレー」のパッケージも登場しました。
こぶしの里 福幸グリーンカレー[復興デパートメント]

「さるなしゼリー」も。

穂積さん 「栄養価もあり、いろんな加工品も作れるので、スーパーフルーツだと思います。」


だんだん、消費者の手に入るようになってきているということでした。

若い人たちの間で、「皮や種がわずらわしい」ということで、果物をなかなか食べないという人が増えているそうです。

コクワというのは、言葉では聞いたことがありましたが、、、
要するに、小さいなキーウィだったんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください