ナンを使って肉まん・アンまんを作る=「肉まん メーカー」20160810-3

まちかど情報室は「パンが変身」というテーマ。
2016/08/10(水)の放送でした。

●ナンを使って肉まん・アンまんを作る=「肉まん メーカー」

カレー料理におなじみのナン。

市販のナンのもちもち感を生かして変身させます。

豚がデザインされた型を使います。

使っているのはSさん親子。

まずは、型の大きさに合わせてナンを切ります。
そこに載せるのはシュウマイ。

さらに、ナンで挟んだあと、蓋をして押し付けます。

すると周りの部分がカットされます。

あとは、ふたをしたまま電子レンジで1分ほど加熱すると、でき上がり。

ナンが、もちもちした食感の肉まんに変身しました。

小郷 「豚まんということですね。」

蒸気を逃がす穴があるので、適度に蒸しあがって上下のナンがくっつくという仕組みです。

「もちもちして美味しかった。」

肉まん以外にも、あんこを入れればあんまんです。
チーズとトマトソースで、ピザまん。

ナンだけでなく食パンでも作ることができます。

「すごくおもしろいと思います。一緒に工作を作っているような感じですごくよかったと思います。」

小郷 「どれも美味しそうで、食べたい。今は夏休みなので、子供たちと一緒にお昼ご飯を作ったら、手軽で楽しいランチになりそうですね。」


商品パッケージには「余った食パンが肉まんに」と書かれていましたが、まちかど情報室ではナンを使ったやり方を紹介していました。

ナンのほうがより、モチモチした食感を楽しめるということなんでしょうね。
Sさんのアイディアなのかもしれません。

Sさんのお宅では、ナンの切れ端は、砂糖をかけてこんがり揚げて、おやつにして楽しんでいるそうです。
カリカリとした食感でおいしいということでした。

無駄なく、活用できていいアイディアです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください