バナナ用のふりかけ=「バナナ、あっぱれ。」20160622-1

「新感覚!バナナが変身」
2016年6月22日(水)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

身近なバナナが意外な姿に変身するという話題でした。

●バナナ用のふりかけ=「バナナ、あっぱれ。」

おやつにバナナをよく食べるというMさん親子。

姉妹は、バナナを食べるときに専用のふりかけを使います。

ふりかけを作ったのは、北海道札幌にある食品加工メーカー。
地元の大豆を使ったふりかけを作り、どんな食べ物にあうか試行錯誤してきました。

その中で最も相性がよかったのがバナナでした。

【アマゾン】

大豆の粉に、塩・砂糖のほか、練乳パウダーとシナモンを加えて、バナナ専用のふりかけを完成させました。

さらに、Mさんはパンにバナナをのせ、ふりかけをかけてトースターでこんがり焼いています。

バナナがトロリとなったデザートのでき上がりです。

和久田 「絶対おいしいですね。」

「楽しみながらいろいろなものがつくれるので、少し手づくり感が増すというか、楽しくおやつが食べられるきっかけなるんじゃないかなと思います。」


大豆の粉といえば黄な粉。
この「バナナ、あっぱれ。」にはさらに、塩などが配合されているということです。(塩は天日塩)

バナナと大豆の栄養素が合わせて摂れてより体に良いと思います。
素人考えながら、食物繊維は特に充実していると思いました。
忙しい時の朝食にもいいでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください